占い好き学生もりちゃの占いブログ

☆占いはエンターテイン要素を持つ開運ツール☆ 占い関連のトピックを発信しています! 是非、楽しんで見てみてください! ”会話の小ネタがほしい方”、”スピリチュアル好きの方”、占い好きの方”、もりちゃに興味のある方”、みんな見てネ!

MENU

占い2.0を考えてみた〜占いとアップデード

f:id:morichayuya:20190702161237p:image

こんにちは。もりちゃです。

 

最近、お金2.0や労働2.0など、

○○2.0という言葉が飛び交っています。

 

テクノロジーの進化による常識の壊変により、

さまざまなものがアップデートする必要が

あるとされています。

 

今回は、占いのアップデートを考えてみます!

 

 

 

占いのアップデートとは?

 

テクノロジーの進化や、それに伴う時代の変化により、

占いがアップデートされると考えています。

 

しかし、占いのアップデートとは

一体何者なのでしょう?

 

私は、占いのアップデートは、

「占い方法」と「占い基準」

の2つの側面で起こると考えました。

 

占い方法は、

どこで、何を用い、どういう形態でするのか、

ということです。

 

例えば、今までの占い方法は、

占いの館で、

テクノロジーを用いず、

占い師が直接対面鑑定をする

といったものです。

 

一方、占い基準は、

何を基準に吉凶を判断するのか

ということです。

 

例えば、

「真面目で、礼儀を重んじる方は、出世が出来るので、

真面目な占い結果は吉となる」

真面目という情報が占いによってでたことを基準に吉とする。

 

上記の2点がアップデートされつつある

と感じています。

 

各々を詳しく考えてみます。

 

 

占い2.0(占い方法編)

 

占い方法がアップデートされつつあることは、

様々な方が実感しているかもしれません。

 

今まで主流であった占いの館にて、

占い師が直接対面鑑定を行う。

 

最近では、この形態以外に、

電話鑑定、メール鑑定や、

「ココナラ」のようなスキルのフリーマーケットにて出店されている占いなど、

形態が増えてきました。

 

場所や時間にとらわれない占い方法が

増えてきました。

 

これらはテクノロジーの進化によって

成すことが出来たのです。

 

今後、さらにこの流れが加速していくでしょう。

 

例えば、

AIやRPA(ロボット)を用いた自動ロボット占い、

VR(仮想現実)、AR(拡張現実)を用いたエンターテイメント的占い

 

今までは想像も出来なかった占い方法が、

これから出てくるであろうと考えられます。

 

また、テクノロジーを使った占いは、

自動ロボット占いのように、

気軽さが増し、占いを行う機会が増えること、

VR、AR占いのように、

ゲーム感覚が増し、エンターテイメント要素が強くなること

など、新しい効果が期待されます。

 

 

占い2.0(占い方法編)まとめ

 

今までの主流を占い1.0、

アップデートされたものを占い2.0

としてまとめます。

 

占い1.0

占い館にて、営業時間内に占うように、

場所、時間にある程度縛られた占い方法。

 

占い2.0

テクノロジーを用い、

場所、時間に縛られずに出来る占い方法。

手軽さが増すことで占う機会(占いとの接点)が

増えると考えられる。

また、ゲーム感覚で出来るエンターテイメント

要素を強くした占いも出てくるであろう。

 

 

では、次に占いの基準についての

アップデートも考えてみたいと思います。

 

 

占い2.0(占い基準編)

 

占い結果とは、一般的に

情報を元に解釈して伝えるものです。

 

この情報というものは、

タロットカードなら、カードであり、

手相なら、一本一本の線であり、

命占(生年月日が基準の占術)なら、

命式(命式上に現れる1つ1つの星)であります。

 

占い結果は、こうした情報1つ1つを元に成り立っており、

占い師はこれらを解釈することができるから

占えるのです。

 

占い基準がアップデートされつつあると感じているのは、

上記に述べた解釈を変化させざる得ないからです。

 

理由は、時代とともに社会構造そのものが

大きく変化しているからです。

 

過去に行っていた占いを、

そのまま未来でも出来る訳ではないのです。

 

例えば、

産業革命期では、

長時間働ける働き者が良いとされていた一方、

現在では、

ただただ長時間働けるだけではダメで、

AIに無い思考力やコミュニケーション力などが求められます。

 

時代とともに求められるものが変化しているのです。

 

なので、情報が吉凶どちらに働くかは、

時代背景を読み、考え、基準を変化させる必要があります。

 

現在でさ、働き方や暮らし方、恋愛や環境など

様々なものが変化しています。

 

なので、これらに合わせて、

情報がどう作用するのかを考えないといけません。

 

 

占い2.0(占い基準編)まとめ

 

占い基準編の占い2.0をまとめます。

 

占い2.0

社会の変化を考え、

情報が社会の変化に適応するか判断して、

占う必要がある。

 

 

占い2.0は以上となります。

 

 

余談:人間以外の占い対象

 

先日、面白い占いを見つけました。

 

ビットコインを占っていたのです。

 

占いの対象が人であるという決まりは

ありませんもんね。

 

将来的に、ロボットを占ったり、

国そのものを占ったり、

人ではないものに対しても占いの幅が広がる

のではないかと思います。

 

 

今回は、以上となります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!