占い好き学生もりちゃの占いブログ

☆占いはエンターテイン要素を持つ開運ツール☆ 占い関連のトピックを発信しています! 是非、楽しんで見てみてください! ”会話の小ネタがほしい方”、”スピリチュアル好きの方”、占い好きの方”、もりちゃに興味のある方”、みんな見てネ!

MENU

占いの成り立ちって?〜どうやってできたの?

f:id:morichayuya:20190217220611p:image

 

こんにちは。もりちゃです!

 

人の心、運勢、未来などを読み取る占い。

 

今回は、占いの成り立ちについて書いていきたいと思います!

 

突然ですが、皆さん、自分や友達の出来事をパターン化できたことはありますか?

 

きまって春になると物事が順調に進んだり、

秋になると頭の回転がいつもより速くなったり、、、

 

私はきまって毎年、立冬(11月7日頃)になると気持ちが落ち込み、

立春(2月4日頃)になると気持ちが晴れやかになります。笑

 

皆さんも、きまってある時期になると何かしらの出来事や変化が現れたりしませんか?

 

実は、こうした出来事の積み重ねが「占いの成り立ち」なのです!

 

占いは、長い歴史の中で、人類の出来事をパターン化した統計学のようなものなのです。

 

人類の数が多かったり、1個人の人生で経験される出来事には限りがあったりします。

 

パターン化する際、個人個人ではなく、人類をいくつかのタイプに分けました。

 

例えば、

タイプAは物事を根気強く行う、

タイプBは新しいことに対して積極的に行動できるなどと、

一般化しました。

 

また、タイプ分けはその土地ごとの風土や文化によって

成り立ちました。

 

文化が違う場所では、成り立つ占いも異なります。

 

世界中で様々なタイプ分けがあり、

様々な占いが成り立っていきました。

 

例えば、私が行っている四柱推命は、

陰陽五行説

(全ての自然界の元素は木、火、土、金、水から成り立っている。

それぞれには、陰と陽のような裏表がある。)

十二支

(全ての時間は、子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥から

成り立っている。)

から成り立っています。

 

上記は、古来中国にて成り立ちました。

中国に、万物は五行から成るという文化・風習があったから、

四柱推命が成り立ちました。

 

 

 

こんな感じで、占いが成り立ちました。

 

もちろん、実際にタイプAに当てはまる人全てが物事を根気強く行うとは限りません。

 

前回の記事でも述べたとおり、占いはあくまで統計学のようなものです。

100%当たる訳ではないのです。

しかし、統計的に当たる確率が高い成り立ちとなっているのも事実です。

 

人々の歴史の積み重ねによって成り立ったしっかりしたツールなのです。

 

以上が、占いの成り立ちです。

 

四柱推命の成り立ちの元となった、

陰陽五行説と十二支の記事はこちらです。

是非、合わせてみてみてください!

 

 

www.chachamoricha.com

 

www.chachamoricha.com

 

次回は、具体的にどういったタイプ分けの基準から

占いができたかを、占いの種類とともに書いていきます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!