占い好き学生もりちゃの占いブログ

☆占いはエンターテイン要素を持つ開運ツール☆ 占い関連のトピックを発信しています! 是非、楽しんで見てみてください! ”会話の小ネタがほしい方”、”スピリチュアル好きの方”、占い好きの方”、もりちゃに興味のある方”、みんな見てネ!

MENU

四柱推命とは?〜四柱推命で占ってみよう!〜

f:id:morichayuya:20190220174400p:image

こんにちは。もりちゃです!

 

驚異の的中率で知られ、占いの帝王とも言われる四柱推命占い

 

実は、四柱推命は誰でも、ある程度自分自身で性格や適正を占えるのです。

 

今回は四柱推命基礎的な鑑定方法ついて書いていきます。

是非、基礎を理解して、楽しみながら占ってみてください!

 

 

 

 

手順は、以下の通りです。

1、下記の①,②,③で命式に出てくる情報の見方を理解する。

2、一番下の、命式の出し方を理解して、占う方の命式を出す。

3、命式内の情報から、情報に適応した下記の①,②,③内の

  内部リンク(占い結果ページ)へ行き、占い結果を確認する。

 

 

では、さっそくまとめていきます。

 

四柱推命陰陽五行(十干)十二支を基本として成り立っています。

 

十干と十二支とは何ぞやという方はこちらを参照してください!

 (鑑定方法とは関係ないので、鑑定方法のみ知りたいという方は、

スキップしてください。)

 

 

www.chachamoricha.com

 

www.chachamoricha.com


命式に出てくる情報(命式例)

 

十干(甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸)、

十二支(子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥)

は年、月、日、時間を循環してます。

 

全ての年、月、日、時間にいずれかの十干、十二支があてはまります。

 

四柱推命は生まれた年、月、日、時間に対応する

十干、十二支を年柱、月柱、日柱、時柱とし、四つの柱(四柱)で占います。

 

尚、生まれた時間が分からなければ時柱の情報は出てきません。

的中率はもちろん下がりますが、鑑定できないわけではありません。

 

実際に四柱を表したものを命式といい、占い師は命式を参考に鑑定します。

下の図が命式の一例です。

f:id:morichayuya:20190222151829j:image

 

命式に出てくる情報は、

十干と十二支」、「通変星」、「十二運

の3つです。

これらを用いて占うことが出来ます。

何を表すのか順番に書いていきます。

 

、十干と十二支(基本性格10、12タイプ)

 

十干と十二支は、「個人的な性格を表すものです。

 

年柱、月柱、日柱、時柱の四柱蔵干

(各柱の十二支が表す十干のこと。

生まれた日が月の初め、途中、終わりでそれぞれ出てくる蔵干が異なる。)

に出てきます。

 

出てきている十干、十二支の性格全てがその人の性格を表しています。

尚、自分の基本的な性格は日柱に表れます。

 

例えば、上の図の命式では、乙、丁、己、辛と丑、未、酉の性格を持っています。

基本的な性格は乙、丑となります。

 

十干と十二支の基本的な性格は、こちらのURLにまとめました。

是非、ご自身の性格を占ってみてください!

 

五行
甲(木の陽) 乙(木の陰)
丙(火の陽) 丁(火の陰)
戊(土の陽) 己(土の陰)
庚(金の陽) 辛(金の陰)
壬(水の陽) 癸(水の陰)

 

www.chachamoricha.com


 

②、通変星(基本能力10タイプ)

 

通変星、蔵干通変星は、個人的な性格に加え、その人の「能力」、「適性を表します。

 

通変星の種類は10種類あります。

「比肩、劫財、食神、傷官、偏財、正財、偏官、正官、偏印、印綬

の10個です。

 

出てきている通変星、蔵干通変星の全ての適性がその人の持っている適性といえます。

 

尚、自分の適性が1番色濃く出て、自身の本質を表す星を中心星といいます。

中心星は月柱の蔵干通変星にあたります。

 

例えば、上の図の命式では、比肩、食神、偏財、偏官の適性を持っています。

本質的な適性は中心星の偏財となります。

 

通変星は日柱の十干から見た他の十干の相対的な相性で決まります。

 

通変星が表す適性や能力はこちらのURLにまとめました。

 是非、ご自身の能力や適性を占ってみてください!

 

自星(自我の星) 比肩(ひけん) 劫財(ごうざい)
漏星(表現の星) 食神(しょくしん) 傷官(しょうかん)
財星(お金の星) 偏財(へんざい) 正財(せいざい)
官星(仕事の星) 偏官(へんかん) 正官(せいかん)
印星(知識の星) 偏印(へんいん) 印綬(いんじゅ)

 

 

、十二運(基本運勢12タイプ)

 

十二運は、主に「運勢の強弱」を表します。

他にも性格、才能も表します。

 

十二運星は12個あります。

「胎、養、長生、沐浴、冠帯、建禄、帝旺、衰、病、死、墓、絶」の12個です。

 

出てきている十二運がその人の運勢の強弱とも言えます。

尚、自身の運勢の強弱が最も現れるのが、月柱の十二運です。

 

例えば、上の図の命式は、衰、養、絶の運勢の強さ、性格、才能を持っています。

特に、色濃く表しているのが、月柱の養の運勢の強さ、性格、才能です。

 

十二運星は日柱の十干から見た十二支の相対的な相性で決まります。

 

各十二運の運勢の強さのまとめは、下記のURLです。

 是非、ご自身の運勢の強さを占ってみてください!

 

www.chachamoricha.com


 

命式の出し方

 

四柱推命の命式を出し、自身の十干と十二支、通変星、十二運を読み解くことで、

誰でもある程度占いが出来ます。

 

尚、命式は「四柱推命 命式」で検索すると

生年月日と生まれた時間を入れ、

命式を出してくれるサイトが多々あります。

 

記事を参考に自身で命式を出して是非占ってください!

 

 

今回も読んでいただきありがとうございます!