占い好き学生もりちゃの占いブログ

☆占いはエンターテイン要素を持つ開運ツール☆ 占い関連のトピックを発信しています! 是非、楽しんで見てみてください! ”会話の小ネタがほしい方”、”スピリチュアル好きの方”、占い好きの方”、もりちゃに興味のある方”、みんな見てネ!

MENU

四柱推命 十干 壬(水の陽)〜器の大きい知的なタイプ

f:id:morichayuya:20190222204327p:image

 

 

 

こんにちは。もりちゃです!

人々の基本の性格や特徴を表す「四柱推命の十干」。

 

今回は、海を表す壬(みずのえ)です。

 

壬の方は、一体どんな性格の持ち主なのでしょうか。

 

では、さっそく紹介します。

 

 


 

壬(みずのえ)

壬は陽の水で海や大河をあらわします。

 

壬の基本性格

 

臨機応変、適応能力が高い

水は入れる器によって、姿を変えます。

 

壬の方は、どんな状況や相手にも上手く合わせながら、順応していきます。

適応能力が高い方です。

 

 

・おおらか、器が大きい

壬の方は、海のように広い心を持っています。

何事も許容できる度量の大きな器があります。

 

 

・スケールが大きい

海が雄大なように、

壬の方は、考えていることやすることのスケールが大きいです。

社長や指導者に多いタイプです。

 

 

・打たれ強い勝負師

川の水は、たとえせき止められても、新たな支流を作り流れていきます。

また、川の水は競争するかのように海へ流れていきます。

 

壬の人は目の前の障壁を打ち破るパワーを兼ね備えています。

少々の挫折ではへこたれません。

 

また、壬の方は勝負師であり、何事にも勝負にこだわります。

 

 

・自由奔放で時に強引

水が自由に流れるように、

壬の人は自由を好み束縛を嫌います。

 

時に、自由になろうと洪水を起こし氾濫させるような強引さがあります。

 

自由を好む壬ですが、ある程度川の流れをせき止める堤防が必要なように、

自分を管理してくれる環境があった方が成功します。

 

f:id:morichayuya:20190528094853j:image

 

他の十干との相性

 

甲(木の陽)との相性

 

樹木(甲)に水(壬)が流れ込みます。

壬は甲を可愛がり情愛し、

世話を焼きすぎます。

 

相手が嫌がるくらい世話を焼いてしまうため、

適度に距離を取る必要があります。

 

水が強すぎる壬は、

甲が水を吸い取ってくれるため、

自身のバランスが取れ、吉となります。

 

 

乙(木の陰)との相性

 

草花(乙)に水(壬)が流れ込みます。

甲同様、壬は乙が嫌がるくらい

世話を焼きます。

 

草花である乙は壬をコントロールできる

力量がありません。

 

壬自体がしっかりして、距離感を保つことで、

良い相性となります。

 

壬は、甲よりも乙の方が世話を焼いてしまう傾向があり、

依存し過ぎに注意が必要です。

 

 

丙(火の陽)との相性

 

太陽(丙)が海(壬)に反射して、

美しい光景を作ります。

 

互いに輝かせることができる良い相性です。

丙、壬のお互いの魅力を引き出します。

 

壬は、丙に何かと良くしてもらえます。

 

特に、冬生まれの壬は、

丙からの恩恵を強く受けます。

 

 

丁(火の陰)との相性

 

水(壬)の水面に灯火(丁)が浮かび、

幻想的な光景を作ります。

 

お互い惹かれ合い、大切に思い合える相性です。

 

水が火を消してしまうことができるため、

壬が丁に対して支配したくなります。

 

壬が圧をかけずに、リードすることで、

丁の良さをさらに引き出せます。

 

 

戊(土の陽)との相性

 

水(壬)を堤防(戊)が整流します。

壬から見て、戊は、

怖いけど頼れる上司のイメージです。

 

戊が壬にプレッシャーを与えるのですが、

それが良い方向に働きます。

 

戊が壬をコントロールして、

壬の良さを引き出します。

 

 

己(土の陰)との相性

 

大量の水(壬)が畑(己)と交わり、濁った水となります。

互いに疲れる相性です。

 

マイペースな己と、パワフルで柔軟な壬は、

性格やエネルギーがそもそも食い違います。

 

仕事自体は、己と壬が組むと上手くいくケースはありますが、

どこかモヤモヤする相性です。

 

割り切って付き合い、良さを認めることが大事です。

 

 

庚(金の陽)との相性

庚は刀や鉄塊を表しますが、大きな水源をも表します。

水源(庚)が川や海(壬)を生みます。

 

壬を庚は助けてくれる、

頼りになる存在となります。

 

また、一緒にいて楽な相手、

リラックスさせてくれる相性です。

 

特に夏生まれの壬は、

水が太陽によって枯れかけるので、

水源である庚が必要となります。

 

 

辛(金の陰)との相性

 

綺麗な水(壬)が宝石(辛)を輝かせます。

互いに良い関係となり、

壬が辛の良さを引き出す相性です。

 

また、辛は壬を魅力的に思い、

助けたくなりサポートします。

 

細かい辛とおおらかな壬は、

性格は違いますが、

互いの良さを認め合える相性です。

 

 

癸(水の陰)との相性

 

川(壬)に雨(癸)が降り注ぎます。

雨が川の勢いを強くすることもあれば、

氾濫させることもあります。

 

壬、癸、お互い次第で、

邪魔になったり、助け合ったりできる相性です。

 

困っている時には寄り添い助け、

上手くいっている時は見守るような

距離感が大事です。

 

 

f:id:morichayuya:20190528094856j:image

 

 

壬の有名人

(子):松田翔太さん、福山雅治さん、黒沢かずこさん

(寅):小杉竜一さん、石原さとみさん、武井壮さん、河北麻友子さん

(辰):出川哲朗さん、大谷翔平さん、木村佳乃さん、イモトアヤコさん

(午):沢尻エリカさん、松嶋菜々子さん、阪口健太郎さん

(申):藤本敏史さん、有吉弘行さん、内村光良さん、aikoさん

(戌):綾瀬はるかさん、小泉進次郎さん、小池百合子さん

 

(十二支の性格はこちらから!)

四柱推命十二支の性格まとめ

 

もりちゃの余談

壬の友達は行動力ある方が多いです。

 

自分のしたいことを明確に持ち、そのために行動しています。

 

また、人間関係も広いです。

様々な場所で人間関係を築いていくことができるのは、

壬の高い適応能力のおかげと感じます。

 

 

他の十干はこちらから!

 

五行
甲(木の陽) 乙(木の陰)
丙(火の陽) 丁(火の陰)
戊(土の陽) 己(土の陰)
庚(金の陽) 辛(金の陰)
壬(水の陽) 癸(水の陰)

 

 

今回も読んでいただきありがとうございます!