占い好き学生もりちゃの占いブログ

☆占いはエンターテイン要素を持つ開運ツール☆ 占い関連のトピックを発信しています! 是非、楽しんで見てみてください! ”会話の小ネタがほしい方”、”スピリチュアル好きの方”、占い好きの方”、もりちゃに興味のある方”、みんな見てネ!

MENU

四柱推命 十干 乙(木の陰)〜人当たりが良い和やかなタイプ

f:id:morichayuya:20190222203709p:image

 

こんにちは。もりちゃです!

 

人々の基本の性格や特徴を表す四柱推命の十干」。


今回は、草花を表す乙(きのと)です。

乙の方は、一体どんな性格の持ち主なのでしょうか。


では、さっそく紹介します。

 

 

 

乙(きのと)

乙は陰の木で草花や苗木を表します。

 

乙の基本性格

 

・柔軟性が高い

同じ木の甲が真っ直ぐ伸びていくのに対し、

草花である乙はあらゆる方向に枝葉を伸ばしていきます。

 

乙の方は、様々な環境に対しても柔軟に変化して対応できます。

臨機応変です。

 

人間関係に対しても柔軟で、

人と人を繋いだり、場を取り持つのが上手です。

 

 

・見た目はひ弱、中身はしっかりとした芯

草花は、柔らかな木のためひ弱に見られますが、根はしっかり張っています。

 

乙の方は、弱そうに見えますが、自分自身をしっかり持っています。

 

また、草花はたとえ踏まれてもすぐ芽を出したり、

アスファルトにも花を咲かせます。

 

乙の方は、失敗からの立ち直りも早く、

自分の目標に向かい足を止めずに進んでいきます。

根気強い努力家です。

 

 

・感受性が豊か、神経質

草花は枝葉を注意深く伸ばしていきます。

 

乙の方も、注意深い方です。

細部にまで神経を使い感じ取る、感受性が豊かな人となります。

 

また、感受性だけでなく、創造性、芸術性感覚まで伸ばしている人もいます。

なので、乙の方は、創造性、芸術性のセンスもあります。

 

しかし、何事にも、細部まで神経を使っているため、

些細なことで傷つく神経質なタイプです。

 

 

・自己主張が弱く、引っ込み事案

乙の方は、人間関係が上手く回るように、柔軟に細かいところまで気をつかいます。

自分を我慢して、引っ込み事案となることが多いです。

 

 

・協調して力を発揮、時にしたたか

草花は一本では伸びることができません。

大木に巻きついたりして伸びるのです。

 

乙の方は、自分1人より、誰かの後ろ盾があって実力以上の力を発揮できます。

 

さらに、草花が可愛がられるように、

乙の方は、目上や周囲の人からのサポートに恵まれます。

 

持ち前の柔軟性を生かして、時に人間関係を上手く立ち回り、

サポートしてもらうようなしたたかさがあります。

 

 

・女性っぽい

草花はくねくねしながら枝葉を伸ばします。

また、草花は鑑賞されるような綺麗なものです。

 

乙の方も女性的な魅力を備えた人が多いです。

 

 

・天然

草花が周りをリラックスさせます。

 

乙の方は周りを和やかにする天然なタイプです。

 

 

f:id:morichayuya:20190526124434j:image

 

他の十干との相性

 

甲(木の陽)との相性

 

草花(乙)が大木(甲)に絡みついて、天に伸びます。

乙から見て、甲は、頼もしい存在です。

乙が甲を頼りにして、甲が乙を応援して、

乙が成長します。

引き立ててくれる相性です。

 

 

丙(火の陽)との相性

 

草花(乙)が太陽(丙)によって、育ちます。

乙が丙から恩恵を受けることができます。

 

乙から見て、丙は傷官なので、

(木が燃えて火を育てるので、)

乙が丙の面倒を見たり、見守ることで、

乙自身が成長する相性です。

 

火が多すぎる乙の場合、太陽によって枯れてしまうので、

この場合のみ、疲れさせられる相性です。

 

 

丁(火の陰)との相性

 

草(乙)が燃料となり、灯火(丁)が燃えます。

乙が丁を育てる相性です。

乙が身を削り燃料となり(自己犠牲にして)、

丁が燃える(輝く)相性となります。

 

乙からみて、丁は可愛らしく、

面倒を見たり、相手に尽くしますが、

見返りは求められません。

 

乙からみて、丁は甘えん坊さんです。

 

水が多すぎる乙の場合、

太陽の代用となるので、

乙は成長します。

 

 

戊(土の陽)との相性

 

硬い山(戊)に、

草花(乙)が苦労して根を張ろうとしている状態です。

 

一旦、根を張ると、戊という安定した土台にて、

乙は自身の身を守れます。

安全や安定を手に入れることが出来ます。

 

しかし、硬い土に草花が根を張るのは容易ではなく、

苦労させられます。

 

相手をコントロールするために、

さまざまな努力をしますが、報われにくいです。

 

戊との関係を良くするために、

乙が気を使ったり、努力したりして、

苦労させられる経験が、

乙を成長させます。

 

 

己(土の陰)との相性

 

柔らかい土(己)にて、草花(乙)が育ちます。

草花(乙)が育つ環境が柔らかい土(己)です。

お互いに良い相性です。

 

乙が己に根を張ることで、

お花畑のような綺麗な風景になります。

 

互いに良さを認め合い、乙がリードすることで、良い相性となります。

 

 

庚(金の陽)との相性

 

草花(乙)を刃物(庚)にて、形を整えられます。

お互いが求め合う相性です。

 

しかし、乙は、庚に切られることを恐れるので、萎縮させられる相性です。

 

もともと、求め合う相性ですが、距離が近すぎると乙がプレッシャーで参ります。

 

距離感を持って付き合うことで良い相性となります。

 

 

辛(金の陰)との相性

 

草花(乙)がハサミ(辛)に切られる相性です。

乙は、辛に切られるので、

嫌な思いをする相性です。

乙からすると、なぜか気を使ってしまう、

相手に遠慮してしまう相性です。

 

辛が乙を良くも悪くも整えようとするので、

乙が辛の影響を受ける相性です。

 

 

壬(水の陽)との相性

 

大河(壬)が草花(乙)を押し流します。

壬は、乙が可愛らしく思い、世話を焼きます。

乙は、壬に必要以上に可愛がられます。

 

つる草が少ない養分にもかかわらず、

様々な環境にて根を伸ばすことができるように、

乙は本来、柔軟性や社交性が強く、

自身で環境適応して成長できます。

 

壬が世話を焼きすぎて、乙が何もしなくなり、

育たなくなります。

 

火が多すぎる乙の場合は、

世話を焼いてもらった分だけ育つことができる、嬉しい関係となります。

 

 

癸(水の陰)との相性

 

雨(癸)が草花(乙)を育てます。

 

乙は、癸に育てられ、成長できます。

乙にとって癸は、適切に愛情を注いだら、

世話を焼いてくれるので、

乙は活き活きと育ちます。

 

また、乙は癸によって気持ちが落ち着き、

リラックスさせてくれます。

 

 

f:id:morichayuya:20190526130624j:image

 

乙の有名人

 

土屋太鳳さん、有村架純さん、岩田剛典さん、

鈴木奈々さん、月亭方正さん、渡辺直美さん、

オードリー若林さん、多部未華子さん

 

 

もりちゃの余談

 

乙の友達は、人が良い人が多いです。

乙の方を嫌う人なんていないのではないか、と思わせるほどです。

 

また、芯を持っている人も多いです。

譲れない部分があり、目標に向かって着実に進んで成果を出している人もいます。

 

人が良く、一緒にいて楽しくなれる乙の方にはいつも癒されています。

 

 

他の十干はこちらから!

 

五行
甲(木の陽) 乙(木の陰)
丙(火の陽) 丁(火の陰)
戊(土の陽) 己(土の陰)
庚(金の陽) 辛(金の陰)
壬(水の陽) 癸(水の陰)

 

 

今回も読んでいただきありがとうございます!