もりちゃの四柱推命ノート

四柱推命占いを中心に綴っております。

MENU

人気占術紹介①:西洋占星術~歴史・占い方・オススメ相談とは?

f:id:morichayuya:20190716155950p:image

こんにちは。もりちゃです!

 

人気占術の1つである

「西洋占星術について紹介します。

 

こんな方にオススメです。

「何の占術で占ってもらおうか迷っている」

「自分が好きな占術を見つけたい」

「様々な占術を知りたい」

 

では、さっそくまとめていきます。

 

 

 

 

西洋占星術の歴史

 

西洋占星術の歴史は、紀元前まで遡ります。

 

古来バビロニア(現在の中東)からはじまりました。

 

バビロニアメソポタミアという

様々な文明が誕生した地域の南部にあたります。

西洋占星術もその一部がもととなっています。

 

メソポタミア文明は、世界最古の文明とされ、

紀元前9000年前頃に生まれました。

 

紀元前2000年前頃バビロニアでは、

星が神の意志をあらわすとされていました。

 

星が現実に起こる出来事の前兆として現れる

と考え、星による予知を行っていました。

 

星による予知という西洋占星術のもとは、

その後、ギリシャに伝わりました。

 

余談ですが、東洋にも伝わりました。

東洋では、中国、インドを中心に発展しました。

東洋占星術、宿曜占星術の起源です。

 

ギリシャでは、

アレクサンダー大王が統治下にあり、

ヘレニズム文化が発展している最中でした。

 

そんな中、紀元前332年

バビロニアから伝わった星の予知から、

ホロスコープ占星術が生まれました。

 

ホロスコープとは、

占星術に用いる天体の配置図のことです。

 

出生時における星の位置から星位図を

写すことができるようになったのです。

 

また、この時期に、西洋占星術に必要な

エレメント(火・地・風・水)

惑星(土星木星、火星、太陽、金星、水星、月)

サインハウスといったホロスコープ上の分割区分領域

も同時に生まれました。

 

その後、衰退と発展を繰り返し、

世界に広まりました。

 

自然科学の学問にも応用され、

占術だけでなく、他の分野にも発展されました。

 

f:id:morichayuya:20190716160340j:image

 

西洋占星術の占い方

 

西洋占星術は、

出生時の天体の配置をもとに占います。

 

誕生した時を基準に占う命占の1つです。

 

持って生まれた運勢や適性、

人生の流れを占うものです。

 

占うために必要な情報は、

生年月日生まれた時間生まれた場所です。

 

占いに用いるものは、

ホロスコープ(星の配置図)です。

 

占い方は、

ホロスコープを出し、

エレメント(基本4要素:火・水・風・地)

12星座(牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座、獅子座、乙女座、天秤座、蠍座、射手座、山羊座水瓶座魚座)

10天体(太陽、月、水星、金星、火星、木星土星天王星海王星冥王星)

を読み解きます。

 

10天体それぞれに位置する12星座

ハウス(ホロスコープを12等分した領域)に対応する12星座

などを読み解き、占うのです。

 

 

西洋占星術にオススメな相談

 

西洋占星術にオススメな相談は、

 

持って生まれた運勢や適性の相談

「自身の能力の活かし方は?」

「自身の長所短所は?」

「自身の乗り越えるべき試練は?」

 

運勢の流れや未来予測の相談

「自身の適婚期は?」

「近年起こりそうなことは?」

「今年、自分が陥りそうな罠は?」

 

バビロニア時代に星は予兆と考えられていたので、

歴史的背景を考えると、

未来予測の相談

特に、オススメできます!

 

他にも、相性を占うことなどが

優れているとされています。

 

 

 

今回は以上となります。

 

他の人気占術紹介シリーズはこちらから!

①:西洋占星術

②:宿曜占星術

③:手相占い

④:タロットカード

⑤:数秘術

⑥:四柱推命

⑦:六壬神課

⑧:九星気学

⑨:妙名判断

⑩:易

⑪:算命学

⑫:ルーン占い

⑬:奇門遁甲

⑭:風水

⑮:太乙神数

 

全ての占術のまとめはこちら!

人気占術まとめ〜オススメ相談・歴史・占い方

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

またみてね~♪