占い好き学生もりちゃの占いブログ

☆占いはエンターテイン要素を持つ開運ツール☆ 占い関連のトピックを発信しています! 是非、楽しんで見てみてください! ”会話の小ネタがほしい方”、”スピリチュアル好きの方”、占い好きの方”、もりちゃに興味のある方”、みんな見てネ!

MENU

[短所を長所に] 鈍感なことを利用しよう!~占い視点から強みを解説します

f:id:morichayuya:20190908142530p:image

こんにちは。もりちゃです!

 

短所を長所にシリーズです。

今回のお題は、「鈍感」ことです!

 

短所を長所にシリーズでは、

短所を直すのではなく、長所として利用する方法を解説します。

 

誰しもが持つ短所は、直そうと試みても難しいものです。

短所を消すのではなく、仕方ないと受け入れ、長所として扱ってみましょう。

 

「鈍感」編、スタートです。

 

最後まで見ていただけると嬉しいです!

 

 

鈍感なことは直しづらい

 

鈍感であれば、

気が利かずに、人間関係を上手く築けなかったり、

相手の気持ちに対して鈍い(にぶい)から、知らない間に相手を傷つけてしまったり、

人間関係に支障が出ます。

 

良い人間関係を築くために、鈍感なことを避けたいものです。

しかし、残念ながら、「鈍感」は直しづらいです。

 

理由は、単純です。

鈍感とは、価値観に基づいた能力だからです。

 

(鈍感が能力であるという主張は、他のシリーズのように、確立した論ではありません。主観的な考えとなっております。 あくまで、一個人の考えとして見ていただけると幸いです。)

 

内省が強い方(自分に意識を向けることが出来る方)が、鈍感であり、

他者意識が強い方(他者の気持ちになって考えることが出来る方)が敏感であるのです。

 

内省や他者意識は、~~出来るといった能力です。

これらの能力は、自身の考え方や価値観に基づいて形成されます。

 

他者を気にする考え方、価値観から、他者意識が強くなり、

自分に意識を向けるべきという考え方、価値観から、内省が強くなります。

 

鈍感、敏感は、内省や他者意識といった、

価値観によって形成された能力なのです。

 

考えや価値観というものは、原体験をもとに変わりますが、

価値観を変えるような原体験は頻繁に起こりません。

また、自分が起こそうとして起こせるものでもありません。

 

価値観が変えづらいから、価値観に起因する鈍感も変えづらいのです。

 

変えられないなら、長所として捉えてみましょう♪

 

短所を長所に

 

「鈍感」の正体から長所を解説します。

 

長所①:マイペース

 

鈍感とは、他者意識が薄いということです。

 

他者を気にしないマイペースな性格なのです。

 

マイペースであると、

周りに流されない、自分を見失わない

悪い影響を受けにくい

など様々な良い効果があります。

 

また、自分のペースで進んでいくので、

物事を粘り強く行うことができます。

 

鈍感な方は、自身の持つマイペースという武器を

活用してみてください♪

 

長所②:ストレスに強い

 

鈍感であるということは、

他者を気にしない傾向が強いということです。

 

一方で、最もストレスを感じるものは人間関係と言われているほど、

人間関係はストレスの一番の原因なのです。

 

しかし、鈍感であると他者をあまり気にしないので、

人間関係もあまり気にしません。

 

人間関係に関するストレスを覚えにくいのです。

 

鈍感な方は、ストレスに強いのです。

 

鈍感を長所として捉えてみましょう♪

 

 占い視点からの解説

 

占い視点から、怒りやすい方の特徴と長所を述べます。

余談感覚で楽しんでください。

 

四柱推命占いにて、

己(つちのと)という星を持つ方が、

鈍感でマイペースであるとされます。

 

己の方は、

歩みは遅くても、継続して努力でき、

目標達成できる方です。

 

鈍感な方は、マイペースなので、己のような性格と考えられます。

己の方の長所を持っているかもしれません。

 

意識して、利用してみてください。

 

 

己の詳しい記事はこちらから。

四柱推命 十干 己(土の陰)〜面倒見の良いマイペースタイプ - 占い好き学生もりちゃの占いブログ

 

四柱推命で占ってみたい方はこちらに方法を記載しております。

四柱推命とは?〜四柱推命で占ってみよう!〜 - 占い好き学生もりちゃの占いブログ

 

今回は以上となります。

 

他の短所を長所にシリーズはこちらから!

他人と比べる編

怒り編

楽な方に逃げる編

怖がり編

 

最後まで見ていただきありがとうございます!

 

またみてね~~~~~♪