占い好き学生もりちゃの占いブログ

☆占いはエンターテイン要素を持つ開運ツール☆ 占い関連のトピックを発信しています! 是非、楽しんで見てみてください! ”会話の小ネタがほしい方”、”スピリチュアル好きの方”、占い好きの方”、もりちゃに興味のある方”、みんな見てネ!

MENU

人気占術紹介②:宿曜占星術~歴史・占い方・オススメ相談とは?

f:id:morichayuya:20190717172353p:image

こんにちは。もりちゃです!

 

人気占術の1つである

「宿曜占星術(しゅくようせんせいじゅつ)」について紹介します。

 

こんな方にオススメです。

「何の占術で占ってもらおうか迷っている」

「自分が好きな占術を見つけたい」

「様々な占術を知りたい」

 

では、さっそくまとめていきます。

 

 

 

宿曜占星術の歴史

 

宿曜占星術の起源は、西洋占星術と同様です。

 

古来バビロニア(現在の中東)からはじまりました。

 

バビロニアメソポタミアという

様々な文明が誕生した地域の南部にあたります。

西洋占星術もその一部がもととなっています。

 

メソポタミア文明は、世界最古の文明とされ、

紀元前9000年前頃に生まれました。

 

紀元前2000年前頃バビロニアでは、

星が神の意志をあらわすとされていました。

 

星が現実に起こる出来事の前兆として現れる

と考え、星による予知を行っていました。

 

星による予知という宿曜占星術のもとは、

その後、インドに伝わりました。

 

余談ですが、ギリシャにも伝わりました。

ギリシャでは、西洋占星術のもとが生まれたのです。

 

インドに伝わったのち、と合わさり、

東洋占星術(宿曜経(しゅくようぎょう))

として発展していきました。

 

インドから中国にも伝わりました。

 

そんな中、8世紀後半

空海遣唐使として、の都に向かいました。

 

空海が持ち帰った多くの経典の中に、

宿曜占星術のもととなる宿曜経も含まれていました。

 

宿曜経は、日時の吉凶や物事を善悪を説いた経典です。

吉凶や運命は、天文と暦から占っています。

 

宿曜経をもとに、宿曜道という占いが

生まれました。

 

その後、宿曜道は、

平安時代の政治の判断基準、

戦国時代の占術をサポート、

などに使われ、様々な活躍を収めました。

 

そして、現在、宿曜道は、

宿曜占星術という人気占いの1つとして

活躍を続けているわけです。

 

 

宿曜占星術の占い方

 

宿曜占星術は、生まれた時を基準に占う

命占の1つです。

 

必要な情報は、

生年月日です。

 

宿曜占星術の基本となるのは、

月の運行をもととした宿です。

 

太陽の運行をもとにして占う西洋占星術とは、

対照的です。

 

月の周期を27個の宿(区分領域)に分けた

27宿をもとに占っています。

 

出生日が27宿の

どれにあたるかによって、

占うのです。

 

27宿おのおのの

4つのエレメント(火・土・風・水)

12宮(羊宮、牛宮、夫妻宮、蟹宮、獅子宮、女宮、秤宮、蠍宮、弓宮、磨宮、瓶宮、魚宮)

10惑星(太陽、月、水星、金星、火星、木星土星天王星海王星冥王星)

のタイプが何なのかを考え、占います。

 

 

宿曜占星術のオススメ相談

 

宿曜占星術のおススメ相談は、

 

相性や人間関係の相談

「上司と上手くいくにはどうしたらよい?」

「彼氏との相性は?」

「親と喧嘩することが多いが、対処法はあるのか?」

 

持って生まれた自身の性格や長所短所

「自分の持って生まれた長所短所は?」

「自身の陥りやすい罠とは?」

「自身の強みや適性は?」

 

 

宿曜占星術のもととなった宿曜経は、

物事の善悪を説いていました。

 

幸福、欲望、苦しみとは何なのか、

倫理を考え抜いたようなものであります。

 

こうした背景を考えると、

宿曜占星術は、占った後

「自身とは何なのか」という

「自身の倫理」のようなものを

考えさせる占いなのでしょう。

 

自分を理解し、納得する人生を歩むために、

宿曜占星術を人生の指針の1つとするのも

オススメです!

 

 

今回は以上となります。

 

他の人気占術紹介シリーズはこちらから!

①:西洋占星術

②:宿曜占星術

③:手相占い

④:タロットカード

⑤:数秘術

⑥:四柱推命

⑦:六壬神課

⑧:九星気学

⑨:妙名判断

⑩:易

⑪:算命学

⑫:ルーン占い

⑬:奇門遁甲

⑭:風水

⑮:太乙神数

 

全ての占術のまとめはこちら!

人気占術まとめ〜オススメ相談・歴史・占い方

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!