占い好き学生もりちゃの占いブログ

☆占いはエンターテイン要素を持つ開運ツール☆ 占い関連のトピックを発信しています! 是非、楽しんで見てみてください! ”会話の小ネタがほしい方”、”スピリチュアル好きの方”、占い好きの方”、もりちゃに興味のある方”、みんな見てネ!

MENU

占いが嫌われる3つの理由と解決方法

f:id:morichayuya:20190804154740p:image

こんにちは。もりちゃです!

 

今回は、占いが嫌われる理由と解決方法

について、考えていきます。

 

占いを嫌う方は、少なからずいると思います。

 

私が占いをしていることを周囲に打ち明けた時、

嫌な反応をした方は少なからずいました。

 

占い好きで、占いをしている私にとって、

彼らの考えには苦しめられました。

 

一方で、自身にはない考えや価値観に触れ、

「なるほど」と新たな発見に繋がりました。

 

全ての人の価値観は基本異なります。

 

そんな中で、

どれだけ他者を理解し寄り添うか

が大事だと考えています。

 

占いが嫌いな方の意見を無視するのではなく、

理解を深めるため、記事にしていきます。

 

最後まで是非見てください!

 

 

占いが嫌われる理由①:恐怖心

 

占いが嫌われる理由①は、恐怖心です。

 

占いは、運勢や物事の将来などの吉凶

判断したり、予言します。

 

運勢や物事の将来の吉凶というものは、

目に見えない不確かなものであるため、

占いは、得体の知れない怖いものと捉えられることもあります。

 

また、得体の知れないものによって、

様々なことが的中すると、

より恐怖心が増します。

 

「当たりすぎて怖い」状態に陥ります。

 

さらに、

占い師のイメージが怖いという方もいます。

 

占いの館や占い師が不気味であったり、

自分が望まない怖いことを言われたりすると、

占いが怖いというイメージが染みついてしまいます。

 

このように、

得体が知れない、

的中しすぎる、

占い師の怖いイメージが染みついた、

などの理由により、

恐怖心がつき、占いを嫌うのです。

 

解決方法:軽く受け止めよう

 

解決方法は、「軽く受け止めよう」です。

 

占いは、所詮、学問の一種です。

(自然哲学をベースとした統計学です。)

 

また、占い師も、所詮は人間です。

 

占いや占い師といった特別なものではなく、

学問や人間といった親しみやすいものとして、

捉えましょう。

 

 

占いが嫌われる理由②:占いに頼りたくない

 

占いが嫌われる理由②は、

占いに頼りたくないからです。

 

占いは、

幸福や開運のために様々なアドバイスをします。

 

アドバイスによって、

人生の選択をすることはあると思います。

 

人生を自分ではなく、占いが軸となって、

歩んでしまう恐れがあるのです。

 

なので、占いを嫌う人は、

占いに頼りたくなく、

自分の人生は自分で切り開く

と考えているのです。

 

解決方法:占いを考えるきっかけにしてみて

 

解決方法は、占いを考えるきっかけ

として、捉えることです。

 

そもそも、自分の人生は自分で切り開く

と決意している方の意思は固いものです。

 

占いで何か言われたとて、

アドバイス通りの選択をするとは思えません。

 

なので、占いによる人生を歩む恐れは、

小さいでしょう。

 

一方で、人生の選択のような考えるものは、

比較対象があるとより深く思考できます。

 

比較対象として、

占いにてアドバイスを求めるのも1つです。

 

自分の人生を考えるきっかけとして、

占いを利用してみてはいかがでしょう。

 

 

占いが嫌われる理由③:論理的でない

 

占いが嫌われる理由③は、論理的でないことです。

 

占いをしてもらっても、

なぜそのアドバイスが出るのか

根拠を理解できず、論理が分からないのです。

 

なので、くだらない、

当たるか当たらないかなんて分かるわけない

となり、嫌うのです。

 

(注:厳密には、論理のもとに占いは成り立っています。占いの論理は膨大で、説明しづらいため、通常、占い師は、アドバイスのみをします。そのため、占いをしてもらう側は、なぜそのアドバイスをもらえるか、論理的に理解することが難しいのです。)

 

解決方法:論理を聞いてみよう

 

占いは、論理のもとに成り立っています。

 

論理が知りたければ、

占い師に直接聞いてみましょう!

 

論理は、占術によって様々ですが、

発祥地の風土や文化から成り立っています。

 

論理は、古代の風土や文化なので、

聞いてみると意外と面白いかもしれません。

 

是非、論理を楽しんでみてはいかがでしょう。

 

 

今回は、以上となります。

 

人は、自分と異なる意見を否定しがちな生き物です。

 

しかし、人は支え合って生きているのも事実です。

 

対立し傷つけ合うのではなく、寄り添い合う

そんな人を目指し、

様々な意見を理解していきたいと思います。

 

生涯の課題ですね。

 

今回も読んでいただきありがとうございます!

 

またみてね〜♪

 

 関連記事

占いが人気である5つの秘密 - 占い好き学生もりちゃの占いブログ