占い好き学生もりちゃの占いブログ

☆占いはエンターテイン要素を持つ開運ツール☆ 占い関連のトピックを発信しています! 是非、楽しんで見てみてください! ”会話の小ネタがほしい方”、”スピリチュアル好きの方”、占い好きの方”、もりちゃに興味のある方”、みんな見てネ!

MENU

人気占術紹介⑫:ルーン占い~歴史・占い方・オススメ相談とは?

f:id:morichayuya:20190722162916p:image

こんにちは。もりちゃです!

 

人気占術の1つである

「ルーン占い」について紹介します。

 

(✳️北欧の古代文字を読み解くのが、ルーン占いです。)

 

こんな方にオススメです。

「何の占術で占ってもらおうか迷っている」

「自分が好きな占術を見つけたい」

「様々な占術を知りたい」

 

では、さっそくまとめていきます。

 

 

 

ルーン占いの歴史

 

ルーン占いに用いられるルーン文字

 

その起源は、古代北欧にあります。

 

1〜2世紀頃から、

ゲルマン民族がゲルマン語の表記のために

使っていました。

 

ルーンの語源は、秘密神秘です。

 

北欧の神話にも由来があるルーン文字は、

神秘的な力を持つとされ、

占いにも用いられていました。

 

ルーン文字を刻み込んだ木や石を使い、

占っていたのです。

 

その後、ルーン文字は、

時代や地域に合わせ変化し、

徐々に使われなくなりました。

 

占いとしてのルーン文字が人気を集め出したのは、

中世以降です。

 

アルファベット文字やラテン文字

普及してからです。

 

主流で有名な文字とは異なる、

神秘的な意味を持つルーン文字に注目が集まり、

人気占術のツールとして、普及しました。

 

f:id:morichayuya:20190723201835j:image

 

ルーン占いの占い方

 

ルーン占いは、占うタイミングを基準に占う

卜占(ぼくせん)の1つです。

 

鑑定に必要な情報は、

特にありません。

 

タロットのような一問一答の占い方法です。

 

質問を考え、

出たルーン文字の意味や向き(正位置か逆位置)

を考慮し、占うのです。

 

ルーン占いは、

24種類のルーン文字

何も刻まれていないもの(ウィルドという)の

計25個の文字が刻まれた

25個のルーンストーンを用いて占います。

 

尚、ストーンだけではなく、

ルーン文字が刻まれたカードや枝を

用いることもあります。

 

注意

卜占での禁止事項である、

同じ質問を繰り返すことは

してはいけません。

 

 

ルーン占いのオススメ相談

 

ルーン占いのおススメ相談は、

 

具体的な相談です。

 

質問を自由にできるルーン占いでは、

質問の解釈の仕方で意味が異なる

抽象的な質問は向きません。

 

具体的な相談がおススメです。

 

「彼と今年中に結婚できますか?」

「来月の大事な商談はまとまりますか?」

「上司とのコミュニケーションを上手にとるには?」

 

などがおススメです。

 

また、占うタイミングを重視する卜占の1つなので、

現在や近未来の相談もおススメです。

 

現在の具体的なことを占って欲しい方は、

ルーン占いをおススメします。

 

 

今回は以上となります。

 

他の人気占術紹介シリーズはこちらから!

①:西洋占星術

②:宿曜占星術

③:手相占い

④:タロットカード

⑤:数秘術

⑥:四柱推命

⑦:六壬神課

⑧:九星気学

⑨:妙名判断

⑩:易

⑪:算命学

⑫:ルーン占い

⑬:奇門遁甲

⑭:風水

⑮:太乙神数

 

全ての占術のまとめはこちら!

人気占術まとめ〜オススメ相談・歴史・占い方

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!