占い好き学生もりちゃの占いブログ

☆占いはエンターテイン要素を持つ開運ツール☆ 占い関連のトピックを発信しています! 是非、楽しんで見てみてください! ”会話の小ネタがほしい方”、”スピリチュアル好きの方”、占い好きの方”、もりちゃに興味のある方”、みんな見てネ!

MENU

人気占術紹介④:タロットカード

f:id:morichayuya:20190718154020p:image

こんにちは。もりちゃです!

 

人気占術の1つである

「タロットカード」について紹介します。

 

こんな方にオススメです。

「何の占術で占ってもらおうか迷っている」

「自分が好きな占術を見つけたい」

「様々な占術を知りたい」

 

では、さっそくまとめていきます。

 

 

 

タロットカードの歴史

 

タロットカードの歴史は、

太古昔まで遡ることはなく、

中世ヨーロッパから生まれました。

 

15世紀前半イタリアにて製作されたものが、

世界最古のタロットカードと言われています。

 

この時代は、タロットカードを

占いツールではなく、ゲームとして用いていました。

 

タロットカードを使ったゲームは、

ヨーロッパに広がり、量産品として普及しました。

 

タロットカードを占いツールとして

使い始めたのは、17〜18世紀です。

 

この頃から、

タロットカードを神秘的なものとして捉えられ、

占いツールとして広がりました。

 

当時、大量生産されていた場所がマルセイユであったことから、

マルセイユ版タロットカードと言われています。

 

現在のタロットカードのようになったのは、

18世紀末に活躍したフランス占い師エテイヤ

によります。

 

現在のタロットカードの理論である

正位置、逆位置などを作り、

タロットカード占いに関する書籍を著されました。

 

その後の1970〜1980年スピリチュアルブームにより、

タロットカードは多くの人気を獲得しました。

 

日本では、1960年代後半に伝わったとされています。

 

タロットカードは、占いに用いられる前は、

トランプのようなゲームでした。

 

トランプカード自体も占いとして用いられた過去があり、

現在でもトランプ占いは存在します。

 

 

タロットカードの占い方

 

タロットカードは、占うタイミングを基準に占う、

卜占(ぼくせん)の1つです。

 

必要な情報は、

特にありません。

 

タロットと言われるカードを用いて占います。

 

偶然出したカードの意味を考え、

占うのです。

 

まず、占う相談や質問を考え、

シャッフルしてよく混ぜて、

スプレッド(カードを特定の形に配置)して、

出たカードをリーディング

(正位置や逆位置といった向きやカードそのものの意味から、占い解くこと)

をして占います。

 

オーソドックスな、タロットカードは、

協力なメッセージを持つ、大アルカナ22枚

トランプのような、小アルカナ56枚

計78枚からなります。

 

78枚のどれが、どの向きで出るのか、

によって占いができるわけです。

 

 

タロットカードのオススメ相談

 

タロットカードのおススメ相談は、

 

現状や近未来に対しての相談です。

 

占うタイミングを重視するタロットカードは、

現状から、出るカードが異なると考えられます。

 

遠い将来のことを占うことはあまり適さないのです。

 

なので、現状や近未来の相談がオススメです。

 

「彼女の考えていることを教えてほしい。」

「○○したいのですが、成功しますか?」

「片想いは実りますか?」

などがオススメな相談です。

 

 

また、

タロットカードは質問することから始まります。

 

つまり、何でも質問できるのです。

 

占うことのできる幅が広いです。

 

相談したいことがあり、

何の占術が解決してくれるかわからない時は、

タロットカードに行くことが無難です。

 

 

今回は以上となります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!